読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syanao ZAKKI

主に興味があって調べたことについてまとめていきます。

Windows Subsystem for Linux が使えるようになるまで

MicrosoftWindowsの今月2日にWindows 10 Anniversary Update を公開した。 この更新により話題になっていたWindows Subsystem for Linux(WSL)が使用可能となる。 ちなみに、8月3日は自分の誕生日でもあり、MSからの思いがけないバースデープレゼントとなったw 更新に20GB必要なようで、自分の環境では、Windows Updateから自動更新されなかった。 今回は、Windows 10 Anniversary Updateの手動手順と、WSLの初期設定をまとめます。

Windows 10 Anniversary Update インストーラーの入手

スタートメニューから「更新とセキュリティ」を選択し、「Windows Update」 の「詳細情報」をクリックする。 すると、ブラウザが起動しアップデートのページが表示されるので、案内通りに進めていくと手動でアップデートできる。

開発者モードの有効化

スタートメニューから「更新とセキュリティ」を選択し、「開発者向け の「開発者モード」をクリックする。

WSLの有効化

  1. Win + x でメニューを表示し、一番上の「プログラムと機能」を選択
  2. 左ペインの「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックし、Windows Subsystem for Linux(Beta)にチェックし再起動
  3. Powershellにて、「bash」と入力し、WSLをインストール
  4. しばらく待つと、Unix用ユーザ名とパスワードの登録が促される

!注意 使用中のPCにインストールされているウイルスソフト、カスペルスキーが動作中だとうまくインストールされなかった。 カスペルスキーを停止して上記操作を行う必要があった。